高級錦鯉生産・販売 鑑賞池設計・施工 濾過機取付
HOME鑑賞池設計・施工池改修工事>鑑賞池リフォーム例

池工事お見積りは無料です(近畿圏内) お気軽にご相談下さい。
新設設計から改修手直し工事までお客様のご希望に合った池をお造りいたします。
そのためにはまず現場を拝見させて下さい。
お電話の際は、『池の工事見積り希望』とお伝え下さい。
 TEL:072-896-1151
FAXで現場見積りを依頼する

既設の庭池でも錦鯉が飼える鑑賞池に改修いたします。

リフォーム前
下から石組しただけの典型的なひょうたん型池
石組の目地は剥がれ土間はクラックが入り、
何層にもわたって補修の後が見られるが、案の定剥がれておりました。
沈殿槽も無く、オーバーフローは、雨が降ったときに溢れないように
細いパイプが入っているが、それも詰まっておりました。

リフォーム後
池造りは誰でもできる ものではありません。


・池水量50t
・水深1m
・生物濾過槽 カキガラ
・スパーマリン 750
・池内部FPR処理


・水深を50cm掘り下げ1mにし、集水ピット槽を2箇所設置・池内部はFRP処理(黒色)水はもちろん一滴も漏れません。
生物膜式循環濾過機スーパーマリンNEW-750を設置。
「魚を買う前にまず水を飼え」をいわれるようにまず池を作ったら、水を造ります。
水造りとは生き物が健康に住むための水を作ることです。
その結果、水が透明になり、錦鯉を鑑賞できる透明度を維持することができます。
水造りに手間をかけないと後々、アオコや水のにごりに苦労します。
そうしないためにも、水つくりをよく考えましょう。











手間要らずの水造りを実現します。
水造りに簡易的なもの容易なものはなく濾過設備(生物浄化槽)をする場合は池水量の20%は設けなければなりません。
そこに入れる濾過材も馬鹿になりません。
池を改修するには手間とコストがかかるため、出来るだけ安くしたいのが本音です。
そこで、そういう方には、強制濾過装置スーパーマリンの設置をおすすめします。
この濾過装置には物理濾過と生物濾過を一緒に行うシステムになっており、スペースも生物浄化槽より小さくてすみます。
レバーを操作するだけで簡単に逆洗・濾材洗浄が出来るようになっております。
非常にコストパフォーマンスに優れた装置です。
既設の池でも優れた効果を発揮します。


・沈殿槽・生物槽・強制濾過機を新設、生物槽にPH調整濾材 カキガラを使用

濾過システム概要
循環濾過:スーパーマリンNEW-750
循環ポンプ:1.5kw/200V
濾過処理水経路:滝+アクアジェット
沈澱槽・生物処理槽(カキガラ使用)
鑑賞池用池底集水ピットユニット×4基
ポンプフィルター装備








大胆に庭石を配置し、曝気を兼ねて滝を新設,
石とセメントは絶対になじまないので、万一漏っても水が池内に戻るように配慮

池改修・リフォーム工事動画
錦鯉 池造り 庭池 コンクリート池 ブロック池
スーパーマリン 池施工 配管 図面
池の水はサイフォン現象を利用して沈殿分離槽に集水、
生物処理槽を通過し、ポンプアップして強制濾過機に水を循環します。
※サイホン現象とは、2つの水槽間を管でつないだときに、管の中が水で満たされると、
2つの水槽の水位が同じになろうとする現象です。


池工事お見積りは無料です(近畿圏内) お気軽にご相談下さい。 TEL:072-896-1151
新設設計から改修手直し工事までお客様のご希望に合った池をお造りいたします。
そのためにはまず現場を拝見させて下さい。
立地条件や工法・お客様の要望等を取り混ぜながら最高のプランをご提案いたします。
敷地など池の簡単な見取り図(排水構、池の大きさなど) 、ご予算
どのような池を造りたいか(和風・洋風・飼育池・養殖池など)(池の深さ・掘り下げ・立ち上げ)
などわかる範囲で情報があればお知らせ下さい。
FAXで現場見積りを依頼する
分割ローンも利用できますのでお気軽にご相談下さい。

代表的な施工例一覧
工事タイトルをクリックして下さい。
いろいろな施工例をご覧いただけます。

庭池造園工事

池新設工事

池改修工事

濾過設備工事

池の防水(漏水止め)

工事の際の錦鯉一時預かり

錦鯉の引越し・輸送

池の解体・取壊し

池の掃除・清掃
錦鯉・鑑賞池のメンテナンス
定期訪問管理業務

竹垣・エクステリア
外構工事

ハウス池・ビニールハウス
温室工事

お見積り〜完成までの流れ

池工事 よくある質問

池工事 喜びの声

関連情報
錦鯉を飼うための池とは・・
池施工喜びの声

鑑賞池の設計・施工についてのお悩みは→こちら


鑑賞池用濾過機
スーパーマリンのHP

(株)京阪水処理開発
鯉を飼う前にまず水を飼え
水造りの重要性


錦鯉・鑑賞池のメンテナンスや管理でお悩みは
こちら